常夏トラベラー

海外旅行のお役立ち情報!

クレジットカード

エポスカードとセディナカードを比較!海外旅行保険や即日発行サービス、海外キャッシング手数料など特徴が違うので選びやすい!

エポスカードとセディナカードを比較!

 

海外旅行保険が付いてるのはエポスカード

海外旅行保険販売機(羽田空港2017)

エポスカードセディナカードの2つのクレジットカードで、海外旅行保険が付帯するのはエポスカードです。

これから海外旅行に行く予定があってクレジットカードを作る場合、海外旅行保険が付いているクレジットカードが必要ならエポスカードを作りましょう。

項目 エポスカード セディナカード
付帯条件 自動付帯 付帯無し
キャッシュレス治療
傷害治療 200万円
疾病治療 270万円
救援者費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
引受保険会社 三井住友海上

エポスカードに付帯するクレジットカードは、年会費無料のクレジットカードの中でもトップクラスに充実しています。

海外旅行保険で利用する可能性が高く大切な補償は、ケガや病気をしたときの治療に必要な補償です。

エポスカードはケガと病気の治療費用が200万円以上と、とても手厚い補償になっています。

有料の掛け捨て海外旅行保険はお金がもったいないから節約したい」という方には、年会費無料のエポスカードはおすすめです。

ただし、大きなケガや病気にかかり、治療費が数百万円以上というような高額費用になると、さすがのエポスカードでも補償額がたりません。

補償額を増やしたいと思う方は、エポスカードを作ってからしばらく間隔をかけてから、年会費無料で海外旅行保険付きのREX CARDを作り、上乗せ合算して治療費用の補償を充実させることをおすすめします。

 

エポスとセディナでポイント還元率が良いのはどっち?

エポスカードとセディナカードの基本のポイント還元率は、ともに0.5%で差はありません。

しかし、セディナカードは海外での買物でポイントが1.5倍になるメリットがありますので、海外旅行でカード利用が多くなる方はセディナカードはお得です。

両カードとも、200円のカード利用につき1ポイントが貯まり、1ポイントは1円相当です。

項目 エポスカード セディナカード
ポイント還元率 0.5% 0.5%

仮に月5万円、年間で60万円のカード利用をした場合、3,000ポイントたまり約3,000円分になります。

年間利用額 エポスカード セディナカード
600,000円 3,000円 3,000円

基本のポイント還元率に差はありませんが、マルイやモディで年4回行なわれる『マルコとマルオの7日間』セールで買物をする機会が多い方の場合は、エポスカードの利用でお得な10%割引のメリットを受けられるので、セディナカードよりエポスカードを作る方が大幅にお得になりますね。

ポイント交換で物やギフト券などへの交換が面倒なのでキャッシュバックが良いと思っているような方にはセディナカードがおすすめです。

 

選べる国際ブランドの種類で比較

国際ブランド201910

選べる国際ブランドの種類で比較すると、エポスカードはVISAのみで、セディナカードはVISA、MasterCard、JCBの3種類から選べて便利です。

項目 エポスカード セディナカード
国際ブランド VISA VISA、MasterCard、JCB

すでにクレジットカードを持っていて、それがVISAの場合は、MasterCardやJCBを選べるセディナカードは有利ですね。

はじめてクレジットカードを作る方の場合は、世界で一番使えるお店が多いVISAを選ぶのが基本ですので、エポスカードでもセディナカードでもどちらもOKです。

 

ハワイ旅行に行くならJCBのセディナカードがお得!

ワイキキJCBプラザラウンジ

日本人観光客が多いハワイのワイキキには、日本語対応が可能なスタッフが常駐するJCBプラザラウンジ(ワイキキ・ショッピング・プラザ2階)があります。

ハワイの観光情報などを教えてもらえたり、ドリンクサービスや荷物の一時預かりなど便利なサービスを提供しています。

そして、JCBブランドのセディナカードの一番メリットが、ハワイのワイキキ・トロリー(ピンクライン)が無料で乗り放題になることです。

トロリーバス(ピンクライン)に乗るときに、JCBブランドのセディナカードを見せるだけで無料で乗り放題になります。

無料になるのは、本人と同乗の家族大人1名と子供2名(11歳以下)が対象です。

ちなみに、家族と乗るときにはワイキキ・トロリーのスタッフさんに「ファミリー」と言えばOKです。

ピンクトロリーの料金は1人2ドルなので、ワイキキ滞在中に何度も乗ることを考えると、かなりお得になりますね。

 

海外キャッシングでお得・便利なのはどちらかの比較

海外キャッシング(ハワイ)

エポスカードもセディナカードも、海外キャッシングは可能です。

しかし、海外キャッシングの機能面でセディナカードはとても優れています。

セディナカードは、海外キャッシングでのATM手数料が無料で、しかも、ネットですぐ簡単に繰り上げ返済ができるので、金利手数料も激安にすることができるので、とても便利です。

エポスカードは、10,000円未満のキャッシングでも100円はかかってしまうのがデメリットです。

海外旅行中は、高額の現金の持ち歩きは減らしたいですので、複数回キャッシングをする可能性があり、1回ごとにATM手数料が取られるのは痛いですね。

海外キャッシングの手数料など費用を少しでも低くおさえたいなら、セディナカードがおすすめです。

項目 エポスカード セディナカード
ATM手数料 10,000円未満=100円
10,000円以上=200円
無料
金利 18% 18%
繰り上げ返済 ○※リボ変更後にペイジー払いとちょっと面倒

 

海外ショッピングの増枠ができるかの比較

インターナショナルマーケットプレイス(ワイキキ・ショッピングセンター)

エポスカード、セディナカードともに、海外旅行時のショッピング利用枠の一時増枠が可能です。

項目 エポスカード セディナカード
申込期間 利用開始日の1ヵ月~2日前まで 利用開始日の4日前まで
上限 現在の利用枠の2倍か、現在の利用枠+100万円のどちらか少ない方 50万円

 

毎月50名が当たるハワイ旅行の懸賞があるのは?!

セディナカードには、ハワイや台湾に毎月50名も行ける、海外旅行懸賞の「ウキウキトラベル賞」というキャンペーンがあり、毎月行なわれています。

セディナカードで月に1万円以上の利用があると、毎月キャンペーンに応募ができるんです。

月1万円使って、年間に12回もハワイ旅行のゲットできるチャンスがあるなんて夢がありますね。

抽選で毎月50名ということは、年間でなんと600人ですよ!

なんか、行ける可能性がメッチャ高いと思いませんか^^

月に1万円という額なら、クレジットカードを作りたいと思うほとんどの方がクリアできますよね。

ビビッと来た方は、セディナカードを作ってハワイ旅行の夢を毎月見ましょう!

 

海外ショッピング保険の付帯状況を比較

ショッピング保険(海外・国内)が付帯しているのは、セディナカードです。

項目 エポスカード セディナカード
保険内容 セディナカードで購入した商品の破損・盗難等による損害を年間で最高50万円まで補償。補償期間は購入日から180日間。

海外旅行で高額な物を購入する機会のある場合は、ショッピング保険は付いていた方が安心ですね。

 

カードの紛失・盗難保険の付帯状況の比較

海外・国内問わず、クレジットカードの紛失や盗難がおこった場合、以下の通り補償してもらえます。

警察への届出が必要なので、必ず行ないましょう。

項目 エポスカード セディナカード
補償内容 エポスカード紛失受付センターへ届け出た日を含め、61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償。 紛失・盗難専用ダイヤルへ連絡の上、最寄りの警察署に届け出た日から60日前まで遡って補償

 

国内・海外空港ラウンジが使えるのかの比較

エポスカード、セディナカードともに、国内・海外の空港ラウンジを使うことはできません。

ちなみに、エポスカードについては、空港ラウンジを使えるようにするちょっとした裏ワザがあります。

それは、年会費無料のエポスゴールドカードに招待(インビテーション)されることです。

エポスカードを作りコツコツ使い続けていると、早ければ3ヶ月くらいで空港ラウンジを使うことができる、年会費無料のエポスゴールドカードに招待される可能性があるんです。

私も実際に3ヶ月程度で、エポスゴールドカードのインビテーションを受けました。

エポスゴールドは通常年会費5,000円かかるのですが、インビテーションのゴールドは年会費がずっと無料で、空港ラウンジが使えるだけでなく、海外旅行保険の補償内容もアップするので、今現在、エポスゴールドカードにはとても満足しています!

エポスカードを作ったら、あなたも年会費無料のゴールドに招待されるように、普段使いのメインカードにして利用実績を積み、インビテーションを受けましょう!

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードで使える国内・海外の空港ラウンジは以下の通りです。

国内空港ラウンジ

  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 仙台国際空港
  • 小松空港
  • 中部国際空港
  • 大阪国際(伊丹)空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 広島空港
  • 松山空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 長崎空港
  • 阿蘇くまもと空港
  • 大分空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ホノルル空港

海外空港ラウンジ

  • 仁川空港
  • ホノルルラウンジ

 

エポスカードとセディナカードでどっちが早く作れる?

カードを作るまでにかかる時間が早いのは、マルイやモディで即日発行できるエポスカードです。

項目 エポスカード セディナカード
発行期間 最短即日(宅配は約1週間) 1~2週間

海外旅行前に急いでクレジットカードを作りたいような場合は、即日発行でエポスカードを作るのがおすすめです。

近くにマルイやモディが無い場合でも、宅配で約1週間くらいで届くエポスカードの方が早く入手できます。

エポスカードセンター
エポスカードをすぐ作れる即日発行店舗の一覧

エポスカードの即日発行店舗(エポスカードセンター)がある、商業施設についてご紹介します。 海外旅行前など、急いでクレジットカードを作る必要がある時に、エポスカードの即日発行サービスはとても便利です! ...

続きを見る

 

ポイントをマイルに変えられるかの比較

貯まったポイントを、どこの航空会社のマイルに交換できるかの比較です。

エポスカードはANAマイルとJALマイルの2社から選べますが、セディナカードはJALマイル1社のみに交換可能です。

ANAマイルを貯めたい方は、エポスカードを作りましょう。

項目 エポスカード セディナカード
交換できるマイル ANAマイル、JALマイル JALマイル

 

後から分割払いに変更できるのは?

エポスカード、セディナカードともに、1回払いで購入したものを後から分割払いにできます。

項目 エポスカード セディナカード
後から分割払いに変更 3~36回の分割、リボ 3~36回の分割、リボ

レジで分割払いを言い出しにくい時や、来月の支払いが心配だけど購入したい・・・、といった時に、後から分割払いにできるのはとても便利ですね。

分割回数は両カードともに36回まで可能ですが、支払い回数が増えるとその分、金利分の支払い額が多くなり負担が重くなるので、分割払いにするにしても回数はなるべく少なくなるようにするのがおすすめです。

リボ払いも、金利負担が多いので、基本的には利用しない方が良いでしょう。

 

【まとめ】あなたにはこのカードがおすすめ!

エポスカードとセディナカードのどちらを選べば良いのかを、わかりやすくまとめました。

海外旅行保険が付いているのはエポスカードの方なので、間違えないようにしてくださいね。

エポスカードはこんな方向け!

エポスカード

手厚い海外旅行保険付きが良い
海外旅行の出発日が近いのですぐ欲しい
後から分割払いに変更できると助かる
ANAのマイルを貯めたい
年会費無料のゴールドねらい
空港ラウンジを使いたい(招待ゴールドカード)

セディナカードはこんな方向け!

セディナカード

海外キャッシングの手数料を格安にしたい
ショッピング保険付きカードが良い
後から分割払いに変更できると助かる
海外の買物ではポイント高還元が良い
JALのマイルを貯めたい
国際ブランドはMasterCardやJCBにしたい
ハワイ旅行で得したい!(JCBブランド)

-クレジットカード

Copyright© 常夏トラベラー , 2020 All Rights Reserved.